MUSIC REVIEW. レビューブログ

MUSIC REVIEW. 音楽レビュー

氷室京介 / MISSING PIECE

氷室京介 / MISSING PIECE

ARTIST 氷室京介
TITLE MISSING PIECE
REREASE 1996

Sported by.

Pick Up.ピックアップ

氷室京介MISSING PIECE

コンセプトアルバムも、いつもの氷室京介

氷室京介と言うと、速いテンポのノリノリのドライブに合った曲というイメージでした。
このアルバムのタイトル「MISSING PIECE」は、絵本「僕をさがしに」(著作:シェル・シルヴァスタイン)からインスパイアされて付けられたとのことです。
はっきりいって何を言っているのかわかりませんでした。

絵本のタイトルで検索してみましたが、全く氷室氏のイメージと違っていました。

さて、CDを再生したら、そんなコンセプトは何処かに消え失せ、
「STAY」、「SQUALL」といった、イメージ通りのアップテンポ曲で、ノリもよくこれぞヒムロック!といった感じ。
「魂を抱いてくれ」も当時良く流れていました。
歌詞も氷室色全開で、裸でコーヒー注いだり、むきだしの両手だったり、"シーツの波間へと俺たち漂う小舟"等の不思議な比喩表現も、氷室氏が歌うことで全てOKにしてしまう程、この人のボーカリストとしての説得力を感じる名バラードであり、氷室氏のキャリアでもかなり重要な曲だと思います。

他に「WALTZ」、タイトル曲「MISSING PIECE」も良曲です。
あとの曲は余り印象に残りませんでしたが、演奏面などで、いろんなトーンの曲をやっているので、氷室氏のアルバムでも楽しめる作品だと思います。


Warning: Use of undefined constant ‘この記事の執筆者’ - assumed '‘この記事の執筆者’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jotonet02/www/main/wp-content/themes/jotonet2016/single-review.php on line 105