MUSIC REVIEW. レビューブログ

MUSIC REVIEW. 音楽レビュー

アイランド / バラーズベスト

アイランド / バラーズベスト

ARTIST ISLAND
TITLE BALLADS BEST
REREASE 2004

Sported by.

Pick Up.ピックアップ

ISLANDBALLADS BEST

色褪せない名曲「ステイ・ウィズ・ミー」

90年初頭に沖縄地域で放送されていた、泡盛のTVCM。
渋めなトーンで、スーツを来た大人とグラス、そして演奏シーン。
そしてCM曲。当時小学生でしたが、なんとも言えない気持ちになった事を今でも覚えています。

当あの時感じた気持ちは、初めて感じた「哀愁」という気持ちだったのかも。

この「ステイ・ウィズ・ミー」を演奏したISLANDというバンドは、元々「紫」という著名なバンドが解散後のメンバーによって結成されており、
当時を知る人によると、「ステイ・ウィズ・ミー」は地元沖縄でのリリース後、ローカルシーンで大ヒット、県内のレコード店のチャートを総舐めにし、
たまたま来沖していた松任谷由実が楽曲を聞いた所いたく気に入り、出演ラジオ番組で仕様された事もありオリコンチャートでも小ヒットした記録も残っているそうです。


ローカルのみならず、日本国内でもヒットした「ステイ・ウィズ・ミー」に、沖縄ロックのファンは、その後も続くであろう活躍を強く期待していたそうです。
しかし、ISLANDは、その後数枚シングルをリリースしてあっさり解散。
直後にメンバーが起こした不祥事と逮捕により、多くのファンを悲しませる事になってしまったそうです。

このアルバムは、解散後にリリースされたベスト盤ですが、
曲調は、ロックというよりも、むしろニュー・ミュージックよりの曲が多く収録されています。
元々ハードロックを演っていたメンバーが当時流行していた曲調を意識した結果なのか、全編にわたって激しいギターを聞くことができます。

「ステイ・ウィズ・ミー」以外の個人的な聞き所を挙げると、
(5)In The Rainはポップで80年台のサザンを思わせる曲。
(2)Believe Meはイーグルスのホテルカルフォルニアのような構成でメロディも美しい曲です。
(10)Emily ~ Time Will Join Us Again ~はチューリップのような優しい曲調の中、激しいギターソロが挿入されていますが、違和感が無く面白い。
(11)My Loveは、恐らく「ステイ・ウィズ・ミー」に続くヒット曲を作ろうとしていたのではないかと思います。

ベスト盤だけに他にも多様な楽曲を聞くことができますが、「ステイ・ウィズ・ミー」がやはり群を抜いているという感想です。

今でも「ステイ・ウィズ・ミー」を聴くと、なんとも言えない気持ちになります。
悲しいバンドの末路に、「ステイ・ウィズ・ミー」の哀愁を重ねてしまっているのかも。

[youtube]https://www.youtube.com/watch?v=-wuAj0RZ2-k[/youtube]


Warning: Use of undefined constant ‘この記事の執筆者’ - assumed '‘この記事の執筆者’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jotonet02/www/main/wp-content/themes/jotonet2016/single-review.php on line 105