MUSIC REVIEW. レビューブログ

MUSIC REVIEW. 音楽レビュー

タクシーライド / イマジネイト

タクシーライド / イマジネイト

ARTIST Taxiride
TITLE Imaginate
REREASE 2000

Sported by.

Pick Up.ピックアップ

TaxirideImaginate

アイドル風でも、最高のコーラスワークとハーモニー。

TAXIRIDEは、1999年デビューのオーストラリアの4人組。
このアルバムの収録曲「Evrywhere You Go」がリリース後全世界で大ヒットを受け、デビューアルバムもブレイク。本国ではミリオンセラーになっています。

キーとなる曲の「Evrywhere You Go」はラジオで頻繁に流れていたので耳にした人も多いかもしれません。
私は、飛行機の機内放送で初めて耳にしました。
聴きやすくポップで、これは人気が出るわけだと思いました。

その後、同曲目当てでアルバムを購入。
これが個人的に大正解の買い物となりました。

ジャケットだけ見れば、一見アイドル風で、毎年出ては消えていくありがちなボーイズグループモノを連想してしまいますが、
捨て曲は一切なく、同曲も含めて全ての曲が素晴らしく、全ての曲がシングルリリース出来るクオリティにあると感じました。
多様な楽曲も、メロディが美しく、特徴であるコーラスワークが抜群に良いという個人的な好みを全て叶えてくれるスペシャルなアルバムとなりました。

軽快なギタースクロールに美しいコーラスが載ったオープニング曲に相応しい爽やかな「Can You Feel 」、
続く「Get Set 」はシタールというインド楽器がアクセントになっている。「72 Hour 」は、米ドラマの青春モノで使われそうな爽やかな曲。
ビートルズ的な楽曲を表現するときによく目にする、「おもちゃ箱をひっくり返したような」という形容詞があるが、「Ice Cream」は、まさにそれ。
メランコリーで美しい歌唱の「Back Again」は圧巻。

典型的なギターロックからフォークロックまで様々な曲が入っていて、メロディもフックが多く、それでいて歌も演奏も良いというから、個人的に今後もずっと聞いていくアルバムになると思います。


Warning: Use of undefined constant ‘この記事の執筆者’ - assumed '‘この記事の執筆者’' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/jotonet02/www/main/wp-content/themes/jotonet2016/single-review.php on line 105